コンテンツへスキップ

平成30年8月1日より、現役並みの所得の方は、介護サービスを利用した時の負担割合が3割になります。

具体例:65歳以上の方で、合計所得金額が220万円以上の方です。ただし、合計所得金額が220万円以上あっても、世帯の65歳以上の方の「年金収入とその他の合計所得金額」の合計が単身で340万円、2人以上の世帯で463万円未満の場合は2割負担又は1割負担になります。

詳細は負担割合証を交付する各区役所へお問い合わせください。